bat

プログラミング

2つのテキストファイルを比較する【バッチファイル】

2つのテキストファイルでどこが違うのか確認したいと思ったことはないでしょうか? そんなときWindowsの標準機能だけで、差分の確認をすることができます。 バッチファイルとして、作っておけば簡単に差分の確認できて便利です。 ...
プログラミング

バッチファイルで変数を使う方法

バッチファイルでも変数を使うことができます。 この記事では、変数の使い方について解説します。 変数の宣言方法 変数は『set』コマンドを使います。 set 変数名=文字列 変数に代入された文字列を展開するとき...
プログラミング

バッチファイルで条件分岐をするif文の使い方

プログラムを書くときに使われる条件分岐。 バッチファイルにも条件分岐を行うための『if』コマンドがあります。 この記事では、『if』コマンドについて解説します。 ifの使い方 バッチファイルの『if』コマンドは次の...
プログラミング

バッチファイルでコメントを書く方法

プログラムを書くときに、コードの目的やゴールを説明するのに、コメントを使います。 バッチファイルでも、コメントを書くことができます。 コメントの書き方 『rem』コマンドを使う バッチファイルでは、コメントを書くの...
プログラミング

バッチファイルが文字化けする原因

バッチファイルを実行したときに、以下のように文字化けして表示されることがあります。 文字化けの原因について説明します。 なぜ文字化けするのか 文字化けする原因は、バッチファイルとコマンドプロンプトの文字コードが一...
プログラミング

バッチファイルの作り方

バッチファイルは、実行させたい命令をテキストファイルに書いたものです。命令を書いたバッチファイルを実行すれば、その命令を自動で行ってくれます。 単純作業や繰り返し行っている作業を効率化・自動化するにはもってこいです。また、バッチファ...
プログラミング

バッチファイルで複数のページを一気に開く方法

バッチファイルを使って複数のページを一気に開く方法を紹介します。 バッチファイルは、実行させたい命令をテキストファイルに書いたものです。命令を書いたバッチファイルを実行すれば、その命令を自動で行ってくれます。 単純作業や繰り返...
プログラミング

毎日の単純作業を自動化するバッチファイル

毎朝、仕事で同じフォルダやファイル、開いていませんか? 開いているのが1つや2つならそんなに時間はかかりませんが、その数が増えると時間がかかりますよね。 それが毎日だと、ファイルを開く作業に、時間が奪われることになります。 ...
タイトルとURLをコピーしました