【GAS】スケジュール通知アプリを作る【LINENotify】

office-phone プログラミング

カレンダーに入れるほどではないけど、忘れたくない予定ってありますよね。

ゴミ捨ての日やこどもの学校行事など。

そんな悩みを解決するためのアプリを作成します。

アプリの概要

スプレッドシートで作ったカレンダーの予定をLINEに通知します。

こんな感じで、通知が届きます。

LINE

使用するのは以下のとおり。いずれも無料で使用できます。

  • スプレッドシート
  • Google Apps Script(GAS)
  • LINE Notify
  • LINE

毎日午後7時から8時の間に、スプレッドシートで作成するカレンダーに、翌日の予定があれば、LINEに通知されます。

動作の流れ
  1. GASのトリガーで、特定の時間に指定したプログラムを実行する。
  2. 実行したプログラムで、スプレッドシートのカレンダーから予定を取得する。
  3. LINE Notifyを使ってLINEに通知する。

では、作っていきます。

スプレッドシートでカレンダーを作る

Googleドライブに、スプレッドシートとGASを作成します。

今回は、「翌日予定のLINE通知」というフォルダの中に、「カレンダー」という名前のスプレッドシートと「予定通知」という名前のGAS作りました。

event-line-1

まずは、カレンダーを作ります。

完成したものは、次のようなものです。

event-line-2

B2セルとB3セルに年と月を入力すればカレンダーの日付と曜日が自動で変わります。

土曜は青色、日曜は赤色に塗りつぶされます。

DATE関数を使って日付を自動で変更する

A6セルは1日を表示するようにします。

1日を表示するために、A6セルに数式「=DATE(B2,B3,1)」を入力します。数式は半角で入力してください。

event-line-3

DATE関数は、引数の数値を日付に変換します。

DATE(年,月,日)なので、年はB2セル、月はB3セル、日は1を指定して日付を表示します。

A7セルからA36セルまでは2日から31日までをそれぞれ表示します。31日までない月もありますが、特に問題ありません。

A7セルに数式「=A6+1」を入力します。これでA6セルの翌日を表示することができます。

event-line-4

同様にA8からA36セルまで入力しましょう。

連続するデータを入力する場合は、オートフィルを使えば、簡単に入力することができます。

オートフィルを使うには、数式が入力されているA7セルを選択し、セルの右下の■にマウスを合わせ、A36セルまでドラックすれば数式が自動で入力されます。

条件付き書式で土日に色を付ける

土日の色を自動で変えるために、条件付き書式を使います。

条件付き書式は、特定の条件を満たすときに、背景色を変えることができます。

設定方法
  1. 背景色を変えたいA6セルからC36セルまでを選択します。
  2. 「表示形式」→「条件付き書式」→「セルの書式設定の条件」→「カスタム数式」を選択します。
  3. 値または数式の欄に「=WEEKDAY($A6)=7」を入力します。
  4. 書式設定のスタイルの塗りつぶしで「青色」を選択し、完了をクリックします。
event-line-5

重要なのは、入力した数式「=WEEKDAY($A6)=7」です。

WEEKDAY関数は、引数の日付に対応する曜日を数値で返します。

WEEKDAY(日付、[種類])で使用します。種類は、省略が可能で、省略した場合の曜日の数値は次のようになります。

  • 日曜日:1
  • 月曜日:2
  • 火曜日:3
  • 水曜日:4
  • 木曜日:5
  • 金曜日:6
  • 土曜日:7

※種類で「1~3」を指定すれば、曜日に対応する数値が変わります。

今回は、曜日が7(土曜日)のとき、青色に塗りつぶします。

日曜日の場合は、同様の手順で、数式に「=WEEKDAY($A6)=1」を入力し、「赤色」で塗りつぶすように設定します。

event-line-6

日付の表示形式を変更

日付が「2021/01/01」の形式で表示されていて、曜日がわからないので表示形式を変更します。

設定方法
  1. A6セルからA36セルまでを選択します。
  2. 「表示形式」→「数字」→「表示形式の詳細設定」→「カスタム数値形式」
  3. 枠に「mm/dd(aaa)」を入力し、「適用」をクリックします。
event-line-7

「m」が月、「d」が日を表します。mm/ddと入力すれば、2桁表示することができます。

曜日は、3個または4個の「a」で表します。

例えば、月曜日の場合、「aaa」は「月」、「aaaa」は「月曜日」になります。

スプレッドシートでカレンダーの作成が終わりました。

表示させたい月を変えたいときは、B2セル、B3セルに対象年月を入力すれば、日付が自動で変わります。

LINEに通知するために「アクセストークン」を発行する

LINEに通知するために、LINE Notifyを使用します。

LINE Notifyは、LINEが提供する公式アカウントです。複数のWebサービスと連携することができ、簡単にLINEに通知をすることができます。

使用するために、「アクセストークン」を発行します。

LINEのマイページにアクセスし、トークンを発行してください。後ほど、GASで使用します。

詳しい説明は、以下のリンクを参考にしてください。

GASでカレンダーの値をLINEに通知する

GASを作成するためにスクリプトエディタを開きます。開き方がわからない方はこちらの記事を参考にしてください。

「コード.gs」に、次のコードを記入します。

//LINEへの通知
const sendToLINE = (message) => {
  const token = "発行したアクセストークンをここに入力";
  
  const options = {
    "method": "post",
    "payload": `message=${message}`,
    "headers": {
      "Authorization": `Bearer ${token}`
    }
  };
  UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify", options);
};

//スプレッドシートから明日の予定を通知
const eventSend = () => {
  //スプレッドシートからデータの取得
  const ss = SpreadsheetApp.openById("スプレッドシートのIDをここに入力");
  const sheet = ss.getSheetByName("シートの名前をここに入力");
  const calendar = sheet.getRange("A6:C36").getValues();
  
  //明日の日付
  const today = new Date();
  const tommorow = new Date(today.getFullYear(), today.getMonth(), today.getDate() + 1, 0, 0, 0);
  
  //明日の予定を取得
  const tomorrowEvent = calendar.find(arr => new Date(arr[0]).getTime() === tommorow.getTime());
  
  //予定がないとき
  if(tomorrowEvent[1] === "") {
    return;
  }

  //LINEへの送信メッセージの作成
  const message = `明日の予定です
    予定:${tomorrowEvent[1]}
    詳細:${tomorrowEvent[2]}`;
  
  sendToLINE(message);
};

以下の3カ所には、あなたのトークンやスプレッドシートのIDを入力してください。

3行目:LINE Notifyから通知するために発行した「アクセストークン」

18行目:カレンダーを作成したスプレッドシートの「ID」

19行目:カレンダーを作成したスプレッドシートの「シート名」

3行目のアクセストークンは、先ほどLINEのマイページにアクセスして、発行したものです。

18行目のスプレッドシートのIDは、スプレッドシートを開いた時のURLで確認できます。

spreadsheet-id

先ほど作成したカレンダーのスプレッドシートを開いてIDを確認してください。

19行目のシート名は、変えてなければ「シート1」だと思います。

GASには、LINEに通知するためのコードと通知するメッセージを取得する2つのコードを書いています。

各コードについて説明します。

LINE Notifyを使ってLINEに通知する

まずは、LINEに通知するためのコードからです。

このコードが、LINEに通知しています。

//LINEへの通知
const sendToLINE = (message) => {
  const token = "発行したアクセストークンをここに入力";
  
  const options = {
    "method": "post",
    "payload": `message=${message}`,
    "headers": {
      "Authorization": `Bearer ${token}`
    }
  };
  UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify", options);
};

引数として受け取った文字列をLINEに通知します。

スプレッドシートの値を取得する

メインとなるコードです。

スプレッドシートから値を取得して、明日の予定があれば、その内容を先ほどのLINEに通知するコードに渡して、通知しています。

//スプレッドシートから明日の予定を通知
const eventSend = () => {
  //スプレッドシートからデータの取得
  const ss = SpreadsheetApp.openById("スプレッドシートのIDをここに入力");
  const sheet = ss.getSheetByName("シートの名前をここに入力");
  const calendar = sheet.getRange("A6:C36").getValues();
  
  //明日の日付
  const today = new Date();
  const tommorow = new Date(today.getFullYear(), today.getMonth(), today.getDate() + 1, 0, 0, 0);
  
  //明日の予定を取得
  const tomorrowEvent = calendar.find(arr => new Date(arr[0]).getTime() === tommorow.getTime());
  
  //予定がないとき
  if(tomorrowEvent[1] === "") {
    return;
  }

  //LINEへの送信メッセージの作成
  const message = `明日の予定です
    予定:${tomorrowEvent[1]}
    詳細:${tomorrowEvent[2]}`;
  
  sendToLINE(message);
};

スプレッドシートからデータを取得しているのが次の部分です。A6セルからC36セルまでの値を、2次元配列として取得しています。

const calendar = sheet.getRange("A6:C36").getValues();

スプレッドシートの値を取得する方法は、次の記事で解説しています。

スプレッドシートから取得したデータは、すべての日付(1日~31日)のデータになります。

ここから、明日の日付のデータのみを取り出します。それが次のコードです。

const tomorrowEvent = calendar.find(arr => new Date(arr[0]).getTime() === tommorow.getTime());

find()メソッドで、明日の日付の要素を検索し、それを「tomorrowEvent」に格納しています。

そして、イベントがある場合は、通知する内容を「message」に格納します。

この「message」がLINEに通知されます。

//LINEへの送信メッセージの作成
const message = `明日のイベントです
  イベント:${tomorrowEvent[1]}
  詳細:${tomorrowEvent[2]}`;

テンプレートリテラルを使うことで、コード内で改行すれば、通知される内容も改行されます。

テンプレートリテラルは、変数を「${}」で囲むことで、その変数に格納されている値を表示できます。

LINEに通知する「sendToLINE」に、引数として「message」を渡すことで、その内容をLINEに通知します。

sendToLINE(message);

これで、スプレッドシートのカレンダーに入力されている明日のイベントをLINEに通知することができました。

実行してみる

1度実行してみましょう。

スプレッドシートで作成したカレンダーを開き、明日の日付のところに予定と詳細を入力します。

明日の予定がスプレッドシートに入力されていないと、LINEに通知されません。

GASに戻って、実行する関数を「eventSend」にして「実行」をクリックします。

event-line-8

初めて実行する場合は、承認が必要になります。

承認方法
  1. 「承認が必要です」というウインドウで、「権限を確認」をクリック。
  2. Googleアカウントでログイン。
  3. 「このアプリはGoogleで確認されていません」の左下の詳細をクリック。
  4. 「予定通知(安全ではないページ)に移動」をクリック→「許可」。

LINEに通知がきましたか?

上手くいかない場合は、GASのタイムゾーンがおかしい可能性があります。

タイムゾーンの確認は、「以前のエディタ」でする必要があります。

event-line-9

以前のエディタにして、「ファイル」→「プロジェクトのプロパティ」から「タイムゾーン」が「(GMT+09:00)東京」になっているか確認してください。

GASのトリガーで毎日実行する

このままだと、LINEに通知するためにはGASの「eventSend」を毎回手動で実行する必要があります。

自動で実行するために「トリガー」を使用します。

トリガーとは、指定した日時に、指定したコードを実行する機能です。

スクリプトエディタで、「トリガーを追加」をクリックします。

event-line-10

実行する関数は「eventSend」、特定の時間に動作させたいので「時間主導型」を選択します。

時間ベースのトリガーのタイプは「日付ベースのタイマー」、時刻は「午後7時~8時」を選択します。

event-line-11

これで毎日午後7時~8時に「eventSend」が実行されます。

まとめ

予定を通知するアプリを作成しました。

LINE Notifyを使用することで、LINEに通知できます。

スプレッドシートのデータをGASで取得して、LINEに通知しました。

GASを使用すれば、アイデア次第でいろいろなことができます。

あなたもGASでアプリを作ってみませんか。

タイトルとURLをコピーしました